質問)専属産業医が関与するコロナワクチン職域接種について

0

初めて書き込みいたします。よろしくお願いします。
会社の専属産業医が、職域でのコロナワクチン接種(以下「職域接種」)に携わる可能性がある件について
専属産業医として働いています。6月に入って急遽職域接種の件が持ち上がりました。わたくしは以下のように理解したのですが、どのように理解したらいいか何かコメントアドバイスをいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

1. 医師が反復する意志を持って診療(医療行為、医業)を行うためには、診療所を開設しなければならない。

2. 診療所を開設していない事業所内で、専属産業医が職域接種に携わることはできない。

3.事業所内で職域接種を行おうとするとき
3-1. 診療所を開設し、診療所の医師が接種する
(専属産業医が診療所の医師も兼ねることが契約上明記されるのであれば接種は問題ないが診療所医師としての責任を負うことになる)
3-2.外部医療機関が、事業所内で臨時の診療所を開設し、外部医療機関の医師が接種する
といういずれかの形式になる。

4-1. 3-2の形式で「外部医療機関が、事業所内で臨時の診療所を開設し、外部医療機関の医師が接種する」ときに、産業医の雇用契約上の業務が「産業医業務」に限定されている場合は、会社の命令で専属産業医が接種業務に携わることはできない。

4-2. この場合は、休暇を取るなどして、本人の自由意思で外部医療機関の非常勤医師として接種を行うことは差し支えない。

4-3. 会社の指示・命令がないにもかかわらず、自発的に職域接種に関与した場合、針刺し事故などの場合には労災は適応されない。副作用発現時や急変時の「不作為」「瑕疵」については、医師個人責任は問われることもありえる。

5-3.「外部医療機関が、事業所内で臨時の診療所を開設し、外部医療機関の医師が接種する」ときに、専属産業医が会社側の見張り役・監督者として関与する場合は、医療安全上のトラブルが起きた場合にあっても、診療に従事する医師としての責任は問われない。あくまで専属産業医は会社の安全衛生に関する助言指導役である。

以上、よろしくお願いします。

回答済み質問
コメントを追加する
0
匿名 0 コメント

質問者です。

約2週間たってご回答がいただけていないのが現状です。

極めてグレーなまま、見切り発車してしまったことをあとから追認するようなことででなければいいと考えていたところ、[厚生労働省 医政局総務課は 6 月 14 日付で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの職域接種のために診療所を臨時に開設したり、医療機関が出張して行ったりする場合に、医療法に基づく届け出を事後に行って良いとする事務連絡を発出し]たそうです。

私は医療従事者の端くれとして、接種に携わる企業内の医療資格保持者に対して、法的に問題ないからどうこうではなく、仮に会社の命令だとしても、適応がない・禁忌に該当する患者・接種希望者に接種しないという矜持は保ってほしいと思っています。

ワクチン接種は個人の自己決定権に従って行われることが基本です。職域の医療従事者には倫理観を持って仕事をしてほしいと思います。職域でワクチン接種に携わっていた人には、実施することになった経緯や、接種希望しない人に生じる差別や偏見の問題をどのように検討したのかなどの証跡をきちんと残しておいてほしいと思います。

産業保健・産業医学の実務家が、差別や偏見によって働く人の権利を奪うことになることを理解ながら接種しているのであればそれはそれで問題ですが、検討すらしていないような全体主義で数週間で実施に至った自体を重く見たいと思います。

副反応が少ないから心配いらないんだとかいう雑音も聞こえますが、職域でのワクチン接種が既成事実化しないことを祈るばかりです。緊急事態だから何してもいいとか、人手不足だから仕方がないとかいう思いで行動したのでしたら、普段からもう少し丁寧に専門家・実務家として自己研鑽を行っておくべきだったのではないかとも思いました。

末筆ながら皆様のご多幸をお祈りいたします。

回答済み質問
コメントを追加する
2 回答のうち 1 件を表示しています。
回答を書いてください
PAGE TOP
MENU