ストレスチェック集団分析結果について

0
2 コメント

はじめまして。

800名ほどの会社の人事担当です。

先日ストレスチェックの集団分析の結果がでました。

業者の集約した報告書を使い経営層に報告しようとしたところ、

この結果だけじゃない要素を多面的に議論したい。例えば、身体的負荷が高まったという指標がある商品管理課の1人あたりの労働時間の変遷を知りたい。といった要望がきました。

組織分析のさらなる深堀りの方法、相関の取り方、分析方法等ありましたら、ご教示いただければと思います。

投稿された新しいコメント
アバター

いただいた資料を参考にストレス要因の洗い出しに取り組めたらと思います。
ありがとうございました!

アバター

今まで何もしてこなかったのですが、委員会等で今年は意見を聞いてみます。
ありがとうございました!

コメントを追加する
0

ご質問ありがとうございます。相談員の渋谷です。

人事チームがすでに把握されている課題を、ストレスチェック集団分析結果やその他の人事情報と組み合わせ、経営層に対して説得力あるストーリーをつくることが肝心だと思われます。

ストレスチェック関連の公開レポートをご覧になってみてはいかがでしょうか。ストーリー構築の一助となるかもしれません。参考までに下記レポートをご紹介いたします。
ニッセイ基礎研究所 レポート
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=62979?pno=1&site=nli

投稿された新しいコメント
アバター

いただいた資料を参考にストレス要因の洗い出しに取り組めたらと思います。
ありがとうございました!

アバター

今まで何もしてこなかったのですが、委員会等で今年は意見を聞いてみます。
ありがとうございました!

コメントを追加する
1

ご質問をいただきありがとうございます。JAOHL-Law相談員(弁護士)です。

安全衛生委員会の中で議論をされることも一つかと思います。

管理職が把握している職場の情報(残業時間や業務分担等)や産業保健スタッフによる職場巡視等で得られた情報などを踏まえて、集団分析の結果について検討をされてみてもよいかもしれません。ご参考いただけますと幸いです。

投稿された新しいコメント
アバター

いただいた資料を参考にストレス要因の洗い出しに取り組めたらと思います。
ありがとうございました!

アバター

今まで何もしてこなかったのですが、委員会等で今年は意見を聞いてみます。
ありがとうございました!

コメントを追加する
回答を書いてください
PAGE TOP
MENU