発熱時の手当対応のご相談

0
0 コメント

小生が嘱託産業医の担当事業所総務より相談を受けましたが、明確な回答ができずお知恵を拝借できれば助かります。

当該事業所では37℃以上の熱がある場合、事業所側より休むよう指示しており、高熱を理由に休んだ場合、労災休として給与の6割を支給するというルールがあります。そのルールを悪用し、コールセンターで高熱を理由にした休みが多いパートがおり、事業所が困惑しています。このように悪用させずにルールを運用するためには、どのようなルールを定めるのがいいのかをご教示頂けると幸いです。よろしくお願い致します。

回答済み質問
コメントを追加する
0

JAOHL-Law相談員(弁護士)です。

渋谷相談員がご指摘された対処法の検討が重要と考えます。

これに加えて、ルールの見直しの観点からは、ルールの柔軟な運用が可能な規定になっているかの確認が必要と考えます。

例えば、語尾を「~することがある。」としたり、「ただし、○○の場合はこの限りではない。」等といった例外規定を設ける等して、ルールを柔軟に適用できるようにすることも重要と考えます。

回答済み質問
コメントを追加する
2 回答のうち 1 件を表示しています。
回答を書いてください
PAGE TOP
MENU