アップ投票を受け取った
5日 ago 10
回答を投稿しました
新型コロナウイルスに感染した従業員の在宅勤務について

ご質問ありがとうございました。 JAOHL-Law相談員(弁護士)の回答のほかに、当学会の「新型コロナQ&A」Q7-2 が参考となるかと思います。 お時間があるときにご確認いただけますと幸いです。

2021年9月22日 5
回答を投稿しました
企業は各従業員の新型コロナワクチン接種状況もしくは、既感染かどうか把握することは可能でしょうか?可能な場合はその手続きのポイントをご教示いただきたいです。

ご質問ありがとうございます。相談員の渋谷です。 健康情報の取扱いに係る手続きについては、JAOHL-Law相談員(弁護士)の仰る点が重要です。 情報をどのように活用するかについて、取得前に慎重に検討されておくのがよいと考えます。新型コロナウイルスワクチン接種は改正予防接種法において義務ではなく努力義務と位置付けられています。また河野太郎行政改革担当相は、2021年4月9日記者会見において、ワクチン差別を防ぐためのガイドライン作成を検討している旨を発言しておりました。...

2021年5月29日 5
回答を投稿しました
ストレスチェック集団分析結果について

ご質問ありがとうございます。相談員の渋谷です。 人事チームがすでに把握されている課題を、ストレスチェック集団分析結果やその他の人事情報と組み合わせ、経営層に対して説得力あるストーリーをつくることが肝心だと思われます。...

2021年5月29日 5
回答を投稿しました
発熱時の手当対応のご相談

ご質問ありがとうございます。相談員の渋谷です。 「悪用させないルール運用」は難しいように思います。 ご提示のケースでは、37℃以上の熱がある場合は休むよう、会社が従業員に一律に指示しています。休業指示の唯一の判断材料である体温は、従業員の自己申告に頼らざるを得ません。そのため悪意をもった従業員がいた場合、ルールを目的外使用してずる休みすることができてしまいます。...

2021年5月19日 5
回答を投稿しました
旅客自動車運送事業における労働時間について

ご質問ありがとうございます。相談員の渋谷です。 まずタクシー運転手に適用される労働時間制度について確認してみてはいかがでしょうか。ご確認方法として、労務担当者に「タクシー運転手の労働時間制度はどのような運用になっていますか?」と尋ねるか、就業規則や労使協定をご確認いただくのがよいかと思われます。...

2021年5月19日 5
回答を投稿しました
残業時間が100時間を超える者が発生した場合の対応。

相談員の渋谷です。 労働基準監督署対応について補足いたします。対策については、JAOHL-Law相談員(弁護士)さんの回答をご参照ください。 労働基準監督署監督官による調査(臨検)で、法違反や改善すべき事項があった場合は、文書指導が行われます。明確な法違反があれば是正勧告書が、法違反ではないが改善するべき事項がある場合は指導票が発行されます。いずれの場合も会社が、労働基準監督署へ、期日までに報告書提出することを求められます。

2021年4月25日 5
回答を投稿しました
診療所を持たない(属していない)産業医は、診断書を作成できますか?

相談員の渋谷です。 診療所に所属していない産業医は、少なくとも医師法第19条第2項で規定されている、診断書を作成できないと解釈しております。...

2021年4月25日 5
投稿にコメント

相談員の渋谷です。 日頃より丁寧なご回答ありがとうございます。参考になりました。 下記のように理解しました。誤解があるようでしたら、ご指摘ください。...

2021年4月25日 2
回答を投稿しました
復職6か月後の勤怠不良について

相談員の渋谷です。 個人的な感覚で恐縮ですが、月に3日は妥当と感じます。 月の勤務日数が20日と想定した場合、月3日の欠勤は欠勤率が1割を超えます。私の知る限り、欠勤率1~2割程度に設定されることが多いように思います。実際社員の欠勤が週1日以上となると、業務を任せられない等の弊害が増えてきます。...

2021年4月20日 5
アップ投票を受け取った
2021年2月11日 10
アップ投票を受け取った
2021年2月11日 10
回答を投稿しました
コロナ禍、微熱で出社できません

相談員の渋谷です。 質問者のつつみさんの意図とはズレてしまうかもしれませんが、コメントいたします。 ・2週間以上発熱のみが続き、ほかの症状がない。...

2021年2月11日 5
回答を投稿しました
高血圧がある人の酸素濃度低下環境での作業について

相談員の渋谷です。 結論から申し上げますと、高血圧症であることを理由に作業上注意する事項はありません。私が知る限りにおいて、低酸素環境下における血圧変化についての医学的見解は定まっておりません。現時点では、低酸素環境下での作業が高血圧症やそれに起因する病態を自然的経過を超えて著しく増悪させる可能性を考慮する必要はないと考えます。...

2021年2月11日 5
回答を投稿しました
会社が実施したコロナPCR検査で陽性が出た時の届出について

相談員の渋谷です。 JAOHL-Law相談員(弁護士)と同様の見解を持っています。 厚労省HP(※)においても、自費検査機関に提携医療機関がない場合には、陽性者自身が受診相談センターまたは身近な医療機関に相談することと、(産業医ではなく)診療を担当する医師が診断および届出する流れが明示されております。...

2020年12月27日 5
投稿にコメント

相談員の渋谷です。 大阪産業医さんにお示しいただいたガイドラインリンクと参照箇所です。 プライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドライン...

2020年12月16日 2
アップ投票を受け取った
2020年11月18日 10
アップ投票を受け取った
2020年11月18日 10
回答を投稿しました
急激に悪化したストレスチェック集団分析結果

相談員の渋谷です。 おっしゃるとおり、まずは部門や人事にヒアリングして問題を探ることが適切だと思います。 健康リスク値がそれほど急激に悪化しているのでしたら、いくつかの問題が顕在化しているかもしれません。部門や人事がすでに問題を認識してる場合、その問題とストレスチェック集団分析結果を関連付けて担当者に説明してみましょう。集団分析結果は単独ではなかなかパワーを発揮しにくいですが、すでに顕在化している問題に説得力を与える道具としてはパワフルです。...

2020年11月18日 5
アップ投票を受け取った
患者の下書き付きの主治医診断書

相談員の渋谷です。 従業員が下書きした診断書の法的有効性についてはわかりかねるので、法律家の回答を待ちましょう。 直接の回答にはなりませんが、コメントいたします。...

2020年11月11日 10
より多くの読み込み