• 相談員の渋谷です。
    質問者のつつみさんの意図とはズレてしまうかもしれませんが、コメントいたします。

    ・2週間以上発熱のみが続き、ほかの症状がない。
    ・新型コロナウイルスPCR検査は2回実施し、ともに陰性。
    上記のように現状を理解しました。
    これまでの経過をみると、新型コロナウイルス感染症以外の原因で発熱が続いている可能性を考えたほうがよいかもしれません。「熱が2週間以上下がらない」ことを主治医に伝え、詳しく調べてもらってはい[…]

  • 相談員の渋谷です。
    結論から申し上げますと、高血圧症であることを理由に作業上注意する事項はありません。私が知る限りにおいて、低酸素環境下における血圧変化についての医学的見解は定まっておりません。現時点では、低酸素環境下での作業が高血圧症やそれに起因する病態を自然的経過を超えて著しく増悪させる可能性を考慮する必要はないと考えます。

    ドライアイス製造機がある部屋は、ご指摘の通り酸欠危険場所です。当該場所での作業については、酸欠事[…]

  • 相談員の渋谷です。
    JAOHL-Law相談員(弁護士)と同様の見解を持っています。

    厚労省HP(※)においても、自費検査機関に提携医療機関がない場合には、陽性者自身が受診相談センターまたは身近な医療機関に相談することと、(産業医ではなく)診療を担当する医師が診断および届出する流れが明示されております。

    ※社会経済活動の中で本人等の希望により全額自己負担で実施する検査(いわゆる自費検査)について

  • 相談員の渋谷です。

    おっしゃるとおり、まずは部門や人事にヒアリングして問題を探ることが適切だと思います。

    健康リスク値がそれほど急激に悪化しているのでしたら、いくつかの問題が顕在化しているかもしれません。部門や人事がすでに問題を認識してる場合、その問題とストレスチェック集団分析結果を関連付けて担当者に説明してみましょう。集団分析結果は単独ではなかなかパワーを発揮しにくいですが、すでに顕在化している問題に説得力を与える道具と[…]

  • 相談員の渋谷です。
    従業員が下書きした診断書の法的有効性についてはわかりかねるので、法律家の回答を待ちましょう。

    直接の回答にはなりませんが、コメントいたします。
    会社が患者の就労を積極的に支援する意向にもかかわらず、主治医が非協力的な背景にはどういった事情があるのでしょうか。主治医の置かれた状況を「会社が求める内容への理解」「情報提供への不安」の2軸で整理してみると、3つのパターンがありそうです。
    ①わからない
    ②わかるけ[…]

  • JAOHL相談室管理人 さんと 渋谷相談員(産業医) さんのプロフィール写真渋谷相談員(産業医) さんが友達になりました 3月 2週前

  • 相談員の渋谷です。
    短期間に立て続けの自死対応、大変でしたね。お疲れ様でした。

    2020年10月 東京都医師会が「新型コロナ感染症がメンタルヘルスに及ぼした影響」について見解を述べています。要点は次の3点です。
    ・6~7月頃から例年より自殺者数が増えている[…]

  • 渋谷相談員(産業医) は登録ユーザーになりました 3月 2週前