• 会社の健康管理を担当している保健師です。

    弊社は、残業時間が45時間を超えた者に問診票を配布し、
    自覚症状をチェックさせ、産業医面接指導の申し出の有無を聞いています。
    面接指導の申し出が無いために面接指導をしなかった場合で、
    仮に、従業員が倒れてしまった時に、
    その原因が、勤務時間や勤務内容が負荷が大きいとの理由であると判明した場合は、上長のみの責任が問われることになるのでしょうか?
    産業医面談を実施した場合で、産業医が事業者に意見書を提出して、
    仮に、従業員が倒れてしまった時、責任は、どの範囲で問われるのでしょうか。
    責任は上長のみに問われて、事業主は責任を問われない、
    といったことは、あるのでしょうか。
    会社や人事労務は、本人や上長のみに「残業を減らせ。」と押し付けるだけで、会社や人事…[ 続きを読む ]

  • 初めて利用させていただきます。
    従業員500人以下の専門商社で産業保健師をしております。
    産業保健スタッフは保健師1人です。
    産業医は嘱託であり、あまり意見を聞けません。

    残業時間が100時間を超える者が発生したことを知り、
    保健師として、何ができるか、うかがいたく、相談させていただきました。

    弊社は、残業時間が45時間を超えた者に、問診票を配布し自覚症状をチェックさせ、
    産業医面接指導の申し出の有無を聞いていますが、
    そ[…]