• kaka さんのプロフィールが更新されました。 6時 53分前

  • 相談員の渋谷です。
    質問者のつつみさんの意図とはズレてしまうかもしれませんが、コメントいたします。

    ・2週間以上発熱のみが続き、ほかの症状がない。
    ・新型コロナウイルスPCR検査は2回実施し、ともに陰性。
    上記のように現状を理解しました。
    これまでの経過をみると、新型コロナウイルス感染症以外の原因で発熱が続いている可能性を考えたほうがよいかもしれません。「熱が2週間以上下がらない」ことを主治医に伝え、詳しく調べてもらってはい[…]

  • 相談員の渋谷です。
    結論から申し上げますと、高血圧症であることを理由に作業上注意する事項はありません。私が知る限りにおいて、低酸素環境下における血圧変化についての医学的見解は定まっておりません。現時点では、低酸素環境下での作業が高血圧症やそれに起因する病態を自然的経過を超えて著しく増悪させる可能性を考慮する必要はないと考えます。

    ドライアイス製造機がある部屋は、ご指摘の通り酸欠危険場所です。当該場所での作業については、酸欠事[…]

  • はじめまして。JAOHL-Law相談員(弁護士)です。

    従業員には、原則、就労請求権が認められていないため、基本的には、自宅待機命令に従わざるを得ない状況かと思います。

    その際、使用者の自主的判断で、職務の継続が可能な従業員を休業させた場合、法律上は、会社から従業員に対して休業手当が支払われることになります。

    本件では、主治医から「熱があるうちは出社できない」と言われているため、使用者の自主的判断で従業員を休業させたとも[…]

  • はじめまして。JAOHL-Law相談員(弁護士)です。

    具体的な対策や注意事項等については、医師等の専門家の意見を待つことになりますが、まずは、法律家の立場からコメントをさせていただきます。

    高血圧症の持病があり、また、ドライアイス製造機がある部屋にて、めまい、ふらつき、頭がぼーっとするとの訴えがあるとのことですが、業務起因性も否めないところです。

    この点、基礎疾患が業務の継続により増悪する蓋然性が高い場合に、病状の把握[…]

  • お世話になります。

    2週間前、38度台の発熱があり、受診、PCR検査は陰性でした。
    が、その後、37℃~37.6℃くらいの微熱が続いています。熱以外には体調不良はありません。

    その後もPCR検査を2回行い、陰性でしたが、主治医からは、「熱があるうちは出社できない」と言われ、仕事を休んでいます。

    間もなく有休もなくなり、欠勤扱いとなります。
    このまま休まなければいけないのでしょうか。
    会社に相談したところ、主治医がOKを出[…]

  • はじめまして。
    総務部担当の者です(産業医選任義務のない事業所です)。

    ドライアイス製造機がある部屋での作業があります。

    換気構造等、安全基準を満たしており、ガス検知器での濃度測定では、通常空気の状態です。

    しかし、一部作業者から、その部屋での作業中、めまい、ふらつき、頭がぼーっとする、との訴えがあります。
    他の作業者からはそのような訴えはありません。

    当該作業者は高血圧症の持病があります。
    高血圧の持病がある作業者を[…]

  • 相談員の渋谷です。
    JAOHL-Law相談員(弁護士)と同様の見解を持っています。

    厚労省HP(※)においても、自費検査機関に提携医療機関がない場合には、陽性者自身が受診相談センターまたは身近な医療機関に相談することと、(産業医ではなく)診療を担当する医師が診断および届出する流れが明示されております。

    ※社会経済活動の中で本人等の希望により全額自己負担で実施する検査(いわゆる自費検査)について

  • 相談員様、質問者様

    ご質問とご回答、大変勉強になりました。

    ありがとうございました。

  • はじめまして。JAOHL-Law相談員(弁護士)です。

    ご質問の内容を前提とすると、医師の診断を伴わない検査になるため、感染症法上の届出義務自体はないものと思われます。

    もっとも、検査機関に提携医療機関があれば、検査を受ける者の同意に基づき、検査機関から医療機関に検査結果が報告されることになるかと思います。その上で、提携医療機関等の医師により新型コロナウイルスに感染したと診断された場合には、医師が感染症法に基づく届出を保健[…]

  • 企業で産業保健師をしております。

    会社が民間の検査機関と契約を結び、会社の独自の判断として、
    必要時にPCR検査(唾液、Cobas8800)を行っております。
    この検査において、もしコロナ陽性と判断された場合の届出についてご教授ください。
    尚、弊社の状況ならびに、関係者の見解は下記となっております。

    【弊社の状況】
     ・PCR検査結果については、本人の同意のもとで会社も結果を把握している(費用は会社負担)
     ・産業医は嘱託[…]

  • タスキ(保健師) さんのプロフィールが更新されました。 2月 1週前

  • タスキ(保健師) は登録ユーザーになりました 2月 1週前

  • 厚労省が作成している

    プライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドラインの概要

    を確認すると具体的な方法が記載されています。

    ご存知でしたら失礼しました。

  • はじめまして。JAOHL-Law相談員(弁護士)です。

    ご質問の「精神福祉手帳の取得を会社側から従業員に打診する」との行為は、個別の事情にもよりますが、従業員のプライバシー権を含む人格権の侵害に当たる可能性が高いと思われます。

    それゆえ、会社側から打診することは好ましくなく、従業員に判断を任せる方が良いと思われます。

    なお、会社側から当該従業員に精神福祉手帳の説明をするとしても、産業医等の専門家の判断を踏まえた上で、当該[…]

  • はじめまして。

    人事担当の者です。

    ある精神疾患と診断されて数年になる社員がおります。

    休みがちで適応できる仕事もなかなか見つかりません。

    正社員での勤務継続は難しいと考え、パートタイムへの変更、精神福祉手帳の取得を勧めようと考えております。

    精神福祉手帳の取得を会社側から打診することは、問題ないでしょうか。

    また、打診するとして、注意すべきことなどありますでしょうか。

  • 千(保健師) は登録ユーザーになりました 2月 3週前

  • 相談員の郡浜(臨床心理士)です。私は教育分野、産業分野でカウンセラーをしています。私の臨床での実感では、メンタル不調者や希死念慮を抱く者がかなり増えていると感じます。経済的見通しの暗さ、だらだらと続く自粛生活、混乱した情報や政府の対策の迷走によって、多くの人がストレス過多でイライラしたり、不安に苛まれているように思われます。特に立場の弱い子供は、親の不安やイライラ、家族不和の影響を被り、リストカットや希死念慮の高まりを日々感じています。

  • 相談員の渋谷です。

    おっしゃるとおり、まずは部門や人事にヒアリングして問題を探ることが適切だと思います。

    健康リスク値がそれほど急激に悪化しているのでしたら、いくつかの問題が顕在化しているかもしれません。部門や人事がすでに問題を認識してる場合、その問題とストレスチェック集団分析結果を関連付けて担当者に説明してみましょう。集団分析結果は単独ではなかなかパワーを発揮しにくいですが、すでに顕在化している問題に説得力を与える道具と[…]

  • はじめまして。JAOHL-Law相談員(弁護士)です。

    初動のアプローチとして、共同実施者である保健師に対してヒアリングをすることも一つかと思います。

    もっとも、将来的には、会社側と共に職場環境の改善を行う必要があります。

    (上司等の変更もなく)ストレスチェックの結果が急激に悪化した職場に対して会社側が職場改善の介入をせず傍観しているだけであれば、その職場でメンタルヘルス不調者が出た場合、会社側は安全配慮義務違反等の責任[…]

  • もっと読み込む